牧野 ヒデミの創作物語 言葉の数と言葉の音符

言葉の数と言葉の音符 絵と文 牧野ヒデミ のサイトです。

2016年2月29日(月)にオープンしました、KADOKAWA✖️はてながおくる新しい小説投稿サイト『カクヨム』に物語を掲載しています。 「ナニゴコロナシノ トドノツマリハ」 https://kakuyomu.jp/works/4852201425154921516 こちらで読めます。 と他の2作品もアップしました。 タイトルは 「冷戦ヲサヲサシ」 https://kakuyomu.jp/works/4852201425154958871 こちらで読めます。 3作品名 「ブランコ狂騒曲〜鶏肋送禽楽曲」 https://kakuyomu.jp/works/4852201425155011659 こちらで読めます。 どちらも短編小説です。 あらすじを少しご紹介します。 「冷戦ヲサヲサシ」ーーーーー リサーチ会社で働く事となった、茶見子。 情報社会の波に乗り、一見充実した毎日を送っていたようだが、 茶見子は、投げかけられた問題やアイディアに対して、疑問を持っていく。 世の中の消化不良に気が付いて、アイデアを形に。と社長に提案するものの、若い女子社員である茶見子の声は、平成カメレオン星人に打ち消されていったのだった。 必死に戦う茶見子のアイデアとは? 世界を救う?! ーーーーーーーーー こちらは現代ドラマに掲載中です。 次ぎに 「ブランコ狂想曲〜鶏肋送禽楽曲」のあらすじですーーーーー この先の未来を夢見る、二人の女子学生、琴美と美柑は、 とある駅で、一人の奇々キテレツミラクルマネージャーと話し、 あるお店に招かれた。 趣のある古い佇まいのレストラン。 そこは人知れず建っていた「ソーダファウンテンサボブレス」だった。 サボブレスを訪れる人々、囲まれた街も、とても楽しくて 出かける度に何処か懐かしく不思議な時を過ごす。 サボブレスでの不思議な3つの頼まれごとは、 鉛筆削りに始まって、赤カナリアの画家さん探し。 そしてサボブレス映画会に参加したところ、ある一人の 音楽学者さんと出逢うのだった。 ーーーーーーーーーーー こちらのジャンルも現代ドラマに掲載中です。 そして、「ナニゴコロナシノ トドノツマリハ」は現代ファンタジー部門に掲載中です。 この作品は、書籍とは違った味わいとなっています。 電子書籍というものは、私はあまり馴染みが無いのですが、 物語というものを創作した場合、やはり読んでもらう事がまず大切ですよね。 イラストも、見てもらえなければ、、。始まりませんからね。 それは、勿論です。 どちらにしても、今、現代の表現する一つとしては、インターネットとなる訳で、皆さんに読んでもらいたいと思っています。 どれも書籍にして手元に残して置きたい作品ですが、なかなかそこが厳しいといった事もあります。 まだまだこの先も、掲載予定です。 ぜひ読んでみてください。
プロフィール
id:kotobano-onpu
リンク
ブログ投稿数
20 記事
ブログ日数
20 日
継続期間
2 ヶ月